不動産ニュース / その他

2020/10/9

地方で分譲するMの総合案内センター/大京

「ライオンズ東京インフォメーションセンター」内部の様子

 (株)大京は9日、地方エリアで分譲する同社新築マンションの販売活動拠点「ライオンズ東京インフォメーションセンター」(東京都渋谷区)を開設した。

 JR線・都営大江戸線「代々木」駅から徒歩約6分に位置。地方への移住やセカンドハウスを検討する首都圏のユーザーに物件情報を提供する。第1弾の物件は、分譲マンション「ライオンズ那覇三原マスターゲート」(沖縄県那覇市、総戸数102戸)。

 販売物件の紹介から契約手続きまで、現地販売センターと連携しサービスを提供。ウィズコロナにおいて遠方への移動リスクを減らし、オンラインによる現地モデルルームの内覧を実施。物件情報や周辺環境、公共交通機関へのアクセス等のプロモーション動画も用意する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
協力すれば空き家が蘇る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/9/13

「記者の目」更新しました。

空き家を『バイク女子』向けシェアハウスに」配信しました。
全国各地で空き家の増加が問題となる中、独自のアイディアで空き家を再生するケースも増えてきている。そんな中、築60年超の空き家を「ガレージ付き」女性専用シェアハウスへと改修、収益物件化した事例があるという。リノベーションを手掛けた(株)Rバンクに、事業の経緯や改修工事のポイント、竣工後の反響等について聞いた。