不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2020/10/9

NBF、「新宿三井ビル」等を取得

「新宿三井ビルディング」外観

 日本ビルファンド投資法人(NBF)は9日、スポンサーの三井不動産(株)から、「新宿三井ビルディング」(東京都新宿区)、「グラントウキョウサウスタワー(持分)」(東京都千代田区)の取得を発表した。

 「新宿三井ビルディング」は1974年竣工。三井不動産の旗艦ビルで、西新宿を代表するオフィスビルとして知られる。「新宿」駅より徒歩6分、敷地面積は1万4,449.38平方メートル。建物は鉄骨鉄筋コンクリート造地上56階地下3階建て、延床面積は17万9,696.87平方メートル。総賃貸可能面積は10万1,255.03平方メートルで稼働率は97.8%。テナント数は93社、年間総賃料収入は約102億3,300万円。取得価格は1,700億円。同投資法人の全ポートフォリオの投資比率で12.3%となる。なお、「新宿三井ビルディング」の名称は残し、三井不動産もマネジメント事業への関与を継続する。

 「グラントウキョウサウスタワー」は、JR「東京」駅に直結したオフィスビルで2007年に竣工。今回取得したのは土地所有権の共有持分約51.17%と借地権の準共有持分約5.22%、建物5~9階の区分所有権(専有面積割合約13.33%)。総賃貸可能面積は1万955.29平方メートルで、稼働率は100%。テナント数は4社。年間総賃料収入は約17億8,500万円。取得価格は470億円。

 同日、契約を締結。取得予定日は21年1月8日。

 また、取得資金の調達を目的に、新投資口の発行と投資口の売り出しも明らかにした。

 公募による新投資口発行は募集投資口数22万9,000口、オーバーアロットメントによる売り出しは1万1,500口。野村証券(株)を割当先とする第三者割当による新投資口の発行は1万1,500口。調達額は、差引手取概算で1,402億8,124万5,000円を上限とする。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。