不動産ニュース / リフォーム

2020/10/13

京都で大規模商業施設をリニューアル/住友不

 住友不動産(株)は、「京都住友ビル」(京都市下京区)を、同社が運営する関西地区初の大規模商業施設「京都河原町ガーデン」として、2021年春にリニューアルオープンする。

 1933年に建築し、76年に建て替えを行なった同ビルは、会社設立時から唯一保有し続けている物件。これまで大部分の運営を百貨店に委ねてきた。今回のリニューアル工事を契機に、全館を自社運営の商業施設とする。

 阪急京都本線「京都河原町」駅直結、京阪本線「祇園四条」駅徒歩3分に立地。地上8階地下3階建て、敷地面積3,165平方メートル、延床面積2万9,045平方メートル。総売り場面積約1万3,500平方メートル。

 今回、地下1階から地上6階までをリニューアルする。キーテナントとして、家電量販店の(株)エディオン(大阪市北区、代表取締役会長兼社長執行役員:久保允誉氏)が出店予定。7・8階にあるカフェや洋食などのレストラン街は引き続き営業を続ける。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リノベーション

新築を除く住宅の増築、改装・改修、模様替え、設備の取替えや新設などの改造工事を総称してリノベーションという。リフォーム、リモデルなどとも。既存建物の耐震補強工事もリノベーションの一種である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。