不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/12/17

物件画像のポイント、間取り図は「収納」がトップ

 不動産総合情報サービスのアットホーム(株)は17日、トレンド調査「不動産のプロが選ぶ!『物件画像で見るべきポイント 一人暮らし編』」ランキングを発表した。アットホーム加盟店で、一人暮らしをする顧客を接客したことがあると回答した981店対象に、11月18~25日の期間、インターネットでアンケートを実施した。

 単身者向けの住まいを探す人が、物件画像の間取り図で見るべきポイントは、「収納の大きさ」(57.0%)がトップに。収納扉が折り戸・観音開きタイプだと開閉スペースを取り、近くに他の家具を置けなくなる場合もあり注意が必要だとした。

 居室では「明るさ・日当たりの良さ」(64.1%)がトップ。次いで「広さ」(55.2%)となった。トイレでは「温水洗浄便座の有無」(76.6%)がトップに。2位の「広さ・奥行き(扉からの距離)」(36.1%)と40ポイント以上の差が開いた。

 玄関では、「靴箱の大きさ」(76.2%)がトップ。10足程度入るかどうか、ブーツなど丈の長い靴を収納できるかなどがポイントとして挙げられた。共用部では、「自転車置き場の有無」(73.9%)がトップ。「男性向け、女性向け、子供の自転車が多いなど、自転車の種類で入居者の雰囲気が分かる」との声もあり、自転車置き場の画像が入居者の構成を知るのに役立つとした。

 周辺環境では、「近隣コンビニの有無」(79.3%)がトップ。僅差で「近隣のスーパーの有無」(78.1%)が続いた。今年はテレワーク導入が進み、交通アクセスよりも、物件の周辺環境を重視する傾向が見られた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。