不動産ニュース / 開発・分譲

2021/1/15

京都の高架下開発、2月1日に全体開業/阪急電鉄

第3期エリアの外観イメージ

 阪急電鉄(株)は、京都市と連携して進めている高架下開発「TauT(トート)阪急洛西口」(京都市西京区)の第3期エリアが、2月1日にオープンすると発表した。

 「TauT阪急洛西口」は、阪急京都線「洛西口」駅付近の鉄道高架化によって生み出された総延長約1km、敷地面積約1万1,200平方メートルの高架下空間。まちの魅力を高めるため、物販やサービス、飲食店などの店舗や施設の開発を順次進めてきた。第1期(開業2018年10月)・第2期(同20年1月)と合わせて、今回の第3期エリアの完成をもって全体開業となる。

 第3期エリアは、鉄骨造地上1階建て、敷地面積約6,234平方メートル、延床面積約1,103平方メートル。オフィスや物販店舗として使用できるシェア施設をはじめ、スポーツや音楽・文化活動の教室など、5つのテナントが新たにオープンする。また、ワークショップやイベントにも利用できるオープンスペース「トートひろば」も整備した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。