不動産ニュース / その他

2021/1/20

野村不HD、初のサスティナビリティボンド発行

 野村不動産ホールディングス(株)は19日、環境・社会双方の課題解決に資する施策・プロジェクトに充当する資金調達のため、同社初の「サスティナビリティボンド」を発行すると発表した。

 「サスティナビリティボンド」とは、調達資金の使途を「社会課題の解決に資するものであること」と「環境改善効果があること」に限った債券のこと。同社グループでは、企業理念に掲げる「未来(あした)につながる街づくり」の実現を重要テーマに位置付けている。また、SDGs17目標の達成に貢献するため、「環境」「安心・安全」「コミュニティ」「健康・快適」の4テーマでさまざまな取り組みを進めている。今回、「野村不動産グループ・サスティナビリティボンド・フレームワーク」を策定。同枠組みに基づいて調達資金は環境・社会課題の解決に貢献する的確事業に関する支出・投資の新規ファイナンス・リファイナンスに充当する。

 発行総額は100億円で、発行予定時期は2021年2月以降。主幹事証券会社は野村證券(株)。調達資金は、PMOやH1T、OUKASに要した資金のリファイナンスを目的とした子会社への投融資資金に充てる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。