不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/1/29

新設住宅着工、4年連続で減少

 国土交通省は29日、2020年通年および20年12月の建築着工統計を公表した。

 同年の新設住宅着工戸数は81万5,340戸(前年比9.9%減)と、4年連続で減少した。新設住宅着工床面積は6,645万4,000平方メートル(同11.2%減)で、こちらも4年連続の減少だった。

 利用関係別では、持家が26万1,088戸(同9.6%減)と再び減少に転じた。貸家は30万6,753戸(同10.4%減)で3年連続の減少。分譲住宅は24万268戸(同10.2%減)で6年ぶりに減少した。このうちマンションは10万7,884戸(同8.4%減)で反転減少、一戸建住宅は13万753戸(同11.4%減)で5年ぶりに減少した。

 三大都市圏の圏域別では、首都圏が総数28万3,460戸(同8.2%減)。内訳は持家5万4,629戸(同6.4%減)、貸家11万7,873戸(同5.2%減)、分譲住宅10万9,240戸(同12.1%減)。中部圏は総数9万5,477戸(同13.8%減)、持家3万9,096戸(同10.4%減)、貸家2万8,891戸(同18.5%減)、分譲2万6,129戸(同15.6%減)。近畿圏は総数12万9,957戸(同5.7%減)、持家3万3,331戸(同10.2%減)、貸家4万8,503戸(同6.6%減)、分譲4万6,860戸(同1.9%減)。

 12月単月の新設住宅着工戸数は6万5,643戸(前年同月比9.0%減)と、18ヵ月連続で減少した。新設住宅着工床面積は538万5,000平方メートル(同7.9%減)で、17ヵ月連続の減少。季節調整済年率換算値は78万4,000戸(前月比4.2%減)となり、3ヵ月ぶりに減少した。

 利用関係別では、持家が2万2,819戸(前年同月比2.4%増)で2ヵ月連続の増加。貸家は2万4,423戸(同11.5%減)と、28ヵ月連続の減少。分譲住宅は1万7,622戸(同18.4%減)と、14ヵ月連続で減少した。このうち、マンションは6,149戸(同31.3%減)、一戸建住宅は1万1,315戸(同8.9%減)。

 三大都市圏別では、首都圏が総数2万1,145戸(同9.7%減)、中部圏が総数7,848戸(同9.9%減)、近畿圏が1万453戸(同13.2%減)となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅着工統計

住宅の新改築の動向に関する統計で、国土交通省が実施し、その結果は毎月公表されている。住宅の着工状況(戸数、床面積の合計)を、構造(木造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、コンクリート...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。