不動産ニュース / 政策・制度

2021/3/4

UR、東京都北区とまちづくりで連携協定

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は1日、赤羽台団地(現・ヌーヴェル赤羽台)の建替事業を契機に、東京都北区と周辺地区の魅力あるまちづくりを推進することを目指し、連携協定を締結した。

 北区が保有する小学校跡地の一部と隣接するUR都市機構の所有地の一体活用を図るため、両土地の譲渡先民間事業者を共同で公募する。譲渡先民間事業者には事業協力者として、公共的な施設整備を求め、同地区のゲートウェイとして相応しい都市空間形成を誘導する。

 自治体とUR都市機構が団地建替事業に伴い、まちづくりの課題を解決する取り組みとして、共同で土地譲渡を行なうのは、全国でも初めての試み。

 敷地規模はUR都市機構の用地が約0.9ha、北区の用地が約1.0haの一部約0.5ha。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生機構

都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門を合併・改組して、「独立行政法人都市再生機構法」にもとづき2004(平成16)年7月に設立された独立行政法人。 その主要な業務は、大都市および...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。