不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/3/8

震災関連倒産、10年で累計2,061件に

 (株)帝国データバンクは8日、2011年3月以降の「東日本大震災関連倒産」の動向調査の結果を公表した。震災発生直後から21年2月末までの10年間で判明した、震災で何らかの影響を受けて倒産した事例を集計・分析した。

 10年間で判明した震災関連倒産は累計2,061件、負債総額は累計1兆7,143億円となった。20年3月から21年2月までの倒産件数は40件(前年50件)で、集計開始以来、最も少ない件数となった。地震や津波による建物の倒壊・喪失など「直接被害型」の倒産が占める割合は、震災直後に比べて大きく高まっているのが近年の傾向として挙げられる。

 業種別では、10年間累計で最も多いのはサービス業の463件で、製造業の423件が続いた。不動産業については31件で調査した業種の中では最も少ない。建設業は284件となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。