不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/7

三井不動産、タイでグループ初の海外物流施設を着工

 三井不動産(株)は7日、タイ・バンコク東部で推進する物流施設「(仮称)バンパコン物流施設計画」の第1期部分を着工したと発表した。

 タイ三井不動産(株)を通じて展開する、同社グループ初の海外における物流施設事業。共同事業者は多数の物流施設開発に実績のあるタイの上場ディベロッパーの子会社「Frasers Property  Industrial(Thailand)Company Limited」で、三井不動産グループの事業シェアは49%。

 開発地はバンコク中心から約60kmのチェチェン県バンパコン。第1~4期分までの倉庫全8棟からなる計画。全体の敷地面積は約29万9,000平方メートル、延床面積は約16万平方メートル。今回着工する第1期部分(1棟)は、鉄骨造平屋建て、延床面積約2万2,000平方メートルで、最大4区画まで分割可能なマルチ型物流施設となる。竣工は2021年11月の予定。

 第2期以降はマルチ型物流施設に加え、テナント企業の需要に合わせたBTS型倉庫・冷凍倉庫・危険物倉庫・税関不要のフリートレードゾーン等も検討中。併せて、テナント向け利便施設として敷地内にガソリンスタンドやカフェテリア等を設置することも検討している。第2期・3期の竣工は22年、第4期の竣工は23年の予定。

「(仮称)バンパコン物流施設計画」第1期イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。