不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/6/2

20歳代一人暮らし、家賃も部屋の広さもアップ

 (株)リクルートは2日、「関東在住20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ2021」の結果を発表した。2月22~24日、関東地方1都6県在住の20歳代シングルで賃貸住宅に一人暮らしする男女を対象に、インターネットで実施。有効回答数は206名。

 現在住んでいる部屋の家賃は、「6万円台」(21.4%)が最多となった。2位は「7万円台」(18.9%)で、「6万~7万円台」が4割以上を占めた。前回調査(17年)では「5万〜6万円台」で全体の半数近くを占めており、前回と比べると家賃が少し高くなっていることが分かった。

 「部屋の広さ」については、最も多いボリュームゾーンは「~18平方メートル」(30.6%)で、3割以上を占めた。次いで「~20平方メートル」(15.0%)、「~25平方メートル」(13.1%)、「~23平方メートル」(11.2%)となり、合計すると「25平方メートルまで」の部屋に住んでいる人が全体の約7割となった。前回調査では「〜25平方メートル」までの層が少なかったが、今回は増加しており、4年間で家賃も広さもアップしている傾向が明らかとなった。

 部屋探しで重視する条件については、「家賃」(80.6%)と断トツで多く、男女差はあるものの、8割以上が重視していた。また女性は、「セキュリティ」(32.0%)を特に重視しており、男性の3倍以上となった。立地・周辺環境では、全体では「駅の近さ」(40.3%)が4割以上と最多。次いで「学校・バイト先・勤務先への通いやすさ」(38.8%)が4割近くとなった。男女別に見ると、女性は「駅の近さ」と「治安のよさ」(32.5%)が同率1位と、セキュリティ面に対する、男女のこだわりの違いが明らかとなった。

 また今回は、リモートワークの実施状況についても調査した。リモートワークをしている人は43.7%。最も多かったのが「週5日以上」(12.6%)と、部屋探しでは、リモートワークのしやすい環境を重視する傾向が増えてくることが予想される。リモートワークで困っていることについては、1位が「運動不足になった」(54.4%)。次いで「オンオフをつけづらい」(47.8%)、「人との会話がなく寂しい」(24.4%)が続いた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

賃料

賃貸借契約によって賃借人が支払う対価をいう。特約がない限り後払いである。また、地代・家賃については、事情変更による増減請求権が認められている。 なお、借主が実質的に負担するのは、賃料に保証金、預かり金等の運用益を加えた額(実質賃料)である。また、共益費など賃料以外の負担を求められることも多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。