不動産ニュース / 政策・制度

2021/6/16

2050年見据え、「デジタル前提に国土再構築を」

 国土交通省は15日、国土審議会計画推進部会国土の長期展望専門委員会(委員長:増田寛也氏=東京大学公共政策大学院客員教授)での、2050年を見据えた今後の国土づくりの方向性に関する検討の最終とりまとめを公表した。

 推計を大幅に下回る出生数や新型コロナウイルス感染症の拡大、風水害を中心とした自然災害の激甚化・頻発化、デジタル革命の急速な進展、50年カーボンニュートラルの宣言などの課題認識の中で、人口減少下でも安心して暮らし続けられる「デジタルを前提とした国土の再構築」を大きなテーマに据えた。

 国土づくりの目標を「『真の豊かさ』を実感できる国土」とし、その目標を実現するための視点として(1)ローカルの視点、(2)グローバルの視点、(3)ネットワークの視点の3つの視点から求められる国や社会の方向性を示した。

 (1)については、「多彩な地域生活圏の形成」と題して、人の行動範囲に着目。遠隔医療やテレワークなど、デジタル技術を活用することで、人口減少下では国等による支援が必要になるものの、10万人前後の人口規模でも圏域の維持が可能であるなどとした。

 (2)では、「『稼ぐ力』の維持・向上」をうたい、大学等を核としたイノベーション創出とそのための人材確保、地域発のグローバル産業育成といった産業基盤の構造転換が必要だと指摘している。また、成長率が低迷している東京等の大都市についてはデジタル化を徹底し、知識集約型産業を集積することで再生を図れるとした。

 (3)に関しては、「情報・交通や人と土地・自然・社会とのつながり」をテーマに情報通信や交通ネットワークの充実、地域住民自らによる国土の適正管理の推進、防災・減災・国土強靭化による安全安心な国土の実現、50年のカーボンニュートラル実現に向けた国土構造の構築、個人の価値観を尊重しつつ共感し合える共生社会の構築などが必要だとする。

 今後については、具体の施策につながるような実行性のある新たな国土計画の検討を速やかに開始すべきだとまとめた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。