不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/6/23

ローカル5G等を活用した実証実験/森ビル

 森ビル(株)は23日、イーヒルズ(株)、パナソニック(株)と共同で、「プライベートLTE/ローカル5G」を活用した、高セキュリティかつ高速・大容量通信の実証実験を開始したと発表。

 プライベートLTEとは、免許不要の通信方法で、外来ノイズが少ない周波数帯を用いているため無線干渉が少なく、通信キャリアに依存せず利用者が利用目的に合わせた独自のクローズドな無線通信ネットワークを構築できる。「ローカル5G」は、「高速・大容量」「低遅延」「多数同時接続」の特徴を持つ、地域や特定の敷地にエリアを限定し、使用する通信システム。プライベートLTE同様、クローズドで高セキュリティかつ高速な通信環境を構築可能で、自治体や企業が特定の範囲内に独自の5Gネットワークを構築し、使用できる。

 今回の実証実験では、デバイスへSIMを入れることで自社イントラネットへの接続を可能とし、セキュリティ環境を担保。オフィスビルやワークスペースのインフラとして整備・提供することで、テナントのワーカーが自宅やサテライトオフィスなどからでも、特別な操作をする必要なく安心・安全な通信が可能となる。ビル運営・管理の面でも各種IoT機器に接続することで、効率的で低コストなビル運営・管理システムを実現できる。

 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー内「ARCH」含む4物件で実施する。テナントサービスとしての有効性とビル運営管理システムのDX化を検証。期間は2021年4~12月。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

5G通信

第5世代移動通信システム。5Gは、5th Generationの略。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。