不動産ニュース / その他

2021/7/12

国土交通大臣表彰、不動産業は32人が受賞

 国土交通省は11日、建設事業関係功労者および優良団体に対して贈られる「令和3年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰」受賞者を発表した。

 今回の受賞者は、244人・3団体。不動産業関係では、以下の32人が受賞した(敬称略)。

 森尾 薫((公社)北海道宅地建物取引業協会副会長、(株)モリオ代表取締役)▼安藤 晃((公社)秋田県宅地建物取引業協会理事、(有)安藤不動産代表取締役)▼佐藤茂利((公社)山形県宅地建物取引業協会常務理事、(株)サトー住販代表取締役社長)▼青木 亨((公社)全国宅地建物取引業保証協会常務理事、和光エステート(株)代表取締役)▼江原貞治((公社)全国宅地建物取引業協会連合会常務理事、日新ハウジング(株)代表取締役)▼寺村光司(元(公社)東京都宅地建物取引業協会副会長、(株)寺村企画代表取締役)▼鳥山 勉((公社)埼玉県宅地建物取引業協会副会長、(株)山福不動産代表取締役)▼山村真哉((一社)千葉県宅地建物取引業協会専務理事、(有)不動代表取締役)▼浅野達哉((公社)全国宅地建物取引業協会連合会理事、駿河不動産(株)代表取締役)▼末永照雄(元(公財)日本賃貸住宅管理協会会長、(株)アミックス代表取締役社長)▼本多健幸((公社)全日本不動産協会東京都本部理事、チサト産業(株)代表取締役)▼高松 茂((一社)マンション管理業協会副理事長、元三井不動産レジデンシャルサービス(株)代表取締役社長)▼深城浩二((一社)マンション管理業協会理事、伊藤忠アーバンコミュニティ(株)代表取締役社長)▼河端信雄((公社)新潟県宅地建物取引業協会会長、新潟プレハブ工業(株)代表取締役)▼前田隆夫((公社)全国宅地建物取引業協会連合会理事、(株)前田商会不動産サービス代表取締役)▼升田英治((公社)石川県宅地建物取引業協会副会長、(株)ますた不動産代表取締役)▼山下健治((公社)全国宅地建物取引業協会連合会理事、(株)共立不動産代表取締役)▼茅野昭一(元(公社)長野県宅地建物取引業協会副会長、三友不動産(株)代表取締役)▼小牧智之((公社)三重県宅地建物取引業協会副会長、(株)第一開発代表取締役)▼内藤博之((公社)全日本不動産協会三重県本部本部長、(株)タスク代表取締役社長)▼泉 藤博((公社)滋賀県宅地建物取引業協会会長、(株)イズミ代表取締役)▼坊 雅勝((公社)不動産保証協会専務理事、(株)東邦代表取締役)▼関岡 桂二郎((一社)不動産協会理事、総合地所(株)代表取締役社長)▼林 勝行((公社)全日本不動産協会常務理事、忠建工営(株)代表取締役)▼正田雅史((公社)不動産保証協会理事、山陽ホーム(株)代表取締役)▼今田正史((公社)広島県宅地建物取引業協会副会長、(株)トラスティコーポレーション代表取締役)▼尾村成一((公社)全国宅地建物取引業保証協会理事、西京土地建物(株)代表取締役)▼東條総一郎((公社)徳島県宅地建物取引業協会副会長、東條開発代表)▼小林昌三((公社)全国宅地建物取引業協会連合会理事、(株)コヴァエステート代表取締役)▼今林政秋((公社)福岡県宅地建物取引業協会副会長、(株)奈多不動産センター代表取締役)▼宮﨑教生((公社)全国宅地建物取引業保証協会理事、(株)MIC代表取締役)▼境田良二((一社)宮崎県宅地建物取引業協会専務理事、(株)共栄ハウス代表取締役社長)。

 また、住宅・建築事業関係では、山川 洋氏((公社)全国賃貸住宅経営者協会連合会専務理事、(株)サンヨーホーム代表取締役)、濵田繁敏氏((一社)全国住宅産業協会理事)、近藤良一氏((一社)関西住宅産業協会副理事長、元近藤建設工業(株)代表取締役社長)など40人が受賞した。

 なお、例年開催している表彰式典については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、7月の開催を延期する。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。