不動産ニュース / その他

2021/7/16

定額制回遊型住み替えサービス、先行体験に定員の9倍超が応募

 東急(株)は16日、定額制回遊型住み替えサービス「tsugi tsugi」の先行体験の実施結果を発表した。

 「tsugi tsugi」は、“ただいま”と帰る場所をツギツギと巡る、旅をするような暮らし方”がコンセプト。契約期間が長期にわたることや初期費用、手数料といった住み替えの課題を解決。(株)東急ホテルズが展開する35施設等の対象施設の中から、その日の都合や気分に合わせて“暮らす”場所を選ぶことができる。

 先行体験は21年4月29日~7月1日に実施。料金は30泊プランを18万円、60泊プランを36万円とし、各プラン定員を50人に設定。4月初旬にメンバーを募集したところ、100人の定員に対して933人の応募があった。

 ユーザーの属性は、会社員・公務員が5割超となるなど、旅するような暮らし方ができる層の拡大が伺えた。また、ワークスタイルもフルリモートが24%、フリーランス等の30%と合わせて54%が出社を必要としなかった。当初はリゾート施設に人気が集中すると想定したが、緊急事態宣言下であったことを含め、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(東京都渋谷区)を始めとする都市型ホテルでのワーケーション需要が多く確認できた。また利用実態も「ワーケーション利用」が最も多かった。

 利用時の働き方については、7割弱が宿泊施設内で仕事をしていた。休日や空き時間の過ごし方は、多くが施設周辺で過ごしており、地域の情報発信の必要性が確認できた。生活コストについては、30泊当たり平均21万8,212円(宿泊費除く)、と、一人暮らしの1ヵ月当たりの平均生活費(約15万円)と比較して高額となった。また、そのうち移動費は平均約9万円と、一人暮らしの平均移動費2万円と比較して大きくコストがかかったため、移動費を低減する仕組み作りが課題となった。

 同先行体験で得た成果やユーザーからの要望を踏まえ、利用人数や対象施設の拡大や各種改善のほか、暮らし方の定着に必要な生活サポート機能の拡充を図っていく。次回募集は今年秋以降を予定する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。