不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/7/16

電子契約へ「移行したい」不動産事業者が83%

 (一社)不動産テック協会(東京都港区、代表理事:赤木正幸氏・巻口成憲氏)と不動産テック7社(※)は16日、「不動産業界におけるDX推進状況」調査の結果を発表した。

 不動産事業者219社(237人)が対象。調査期間は6月3~25日。

 「DX推進をしている」との回答は90%超となり、前年比で1.5倍となった。その理由として「業務効率化」で約85%を占めた。「DX推進で苦労している点」として最も多かったのは「DX人材の確保」(45.7%)だった。「DXの年間予算」が「100万円以上」は回答者のうち50%以上を占めた。「1,000万円以上」の回答者も18%あり、DX投資本格化の傾向も見られる。

 導入状況・満足度ともにトップは、「Web会議システム」(導入70%・満足度75%)だった。「VR/オンライン内見システム」「チャットツール」「CRM(顧客管理)システム」の導入率も高く、不動産業界においても非対面接客やテレワークが増加していることがうかがえる。電子契約へ「移行したい」との回答は83%で、そのうち「すでに移行準備中」が30%、「移行したいがオペレーションやシステム選定に不安」が20%だった。

※7社:イタンジ(株)(東京都港区、代表取締役:野口真平氏)、(株)UPDATA(東京都渋谷区、代表取締役CEO:岡村雅信氏)、WealthPark(株)(東京都渋谷区、代表取締役社長:川田隆太氏)、(株)サービシンク(東京都新宿区、代表取締役:名村晋治氏)、(株)スペースリー(東京都渋谷区、代表取締役社長:森田博和氏)、(株)ライナフ(東京都文京区、代表取締役:滝沢 潔氏)、リーウェイズ(株)(東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:巻口成憲氏)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。