不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/27

滋賀でマルチテナント型物流施設開発/日本GLP

「GLP栗東湖南」イメージ

 日本GLP(株)は27日、マルチテナント型物流施設「GLP栗東湖南」(滋賀県湖南市)を開発すると発表。同社が滋賀県下で開発する2棟目の物流施設となる。

 名神高速道路「栗東湖南IC」から約4km。滋賀県内だけでなく、京都・湖南エリア配送に適した立地となる。また、JR琵琶湖線「草津」駅から約12.6km、JR草津線「石部」駅から約1.5km、通勤に便利な立地であることから、雇用確保も見込める。

 敷地面積約2万800平方メートル、延床面積約4万2,000平方メートル、耐震鉄骨造地上4階建て。

 最大6テナントの入居が可能で、小規模なスペースニーズにも対応できる。また高度な作業軽減・省人化設備の導入をはじめとする倉庫の自動化への装備等、効率的なオペレーションを実現する。

 環境配慮面では太陽光発電を自家消費し、グリーンエネルギーの購入と併せて、再エネルギー100%の達成を目標としている。また、BCP面でも地震対策として耐震性能の高いブレース材を採用。安全性を確保する他、24時間稼働の非常用発電機の装備や浸水・液状化対策を講じることにより事業の継続性を維持する。

 着工は2022年2月、竣工は23年3月の予定。総投資額は約77億円。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。