不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/21

CLT採用の6階建て賃貸マンションを開発/東京建物

 東京建物(株)は21日、主要構造部にCLTパネル工法を採用した賃貸マンション「(仮称)洗足池プロジェクト」(東京都大田区、総戸数53戸)について、概要を発表した。

 同社グループは、中長期目標の「CO2排出削減量を2050年までにネットゼロ」に向け、脱炭素の取り組みを強化。木材の利用促進については、分譲・賃貸マンションにおいて、「2023年までに主要構造部にCLT を採用したマンション開発の実現」を目標に掲げている。
 同プロジェクトでは、主要構造部で木材を約830立方メートル使用する予定で、木材使用によるCO2換算の炭素貯蔵量は約550tになる見込み。また、従来の木造建築より使用する木材量が多いCLTを用いることで、国内の森林資源の有効活用などにつなげていく。

 敷地面積1,118.71平方メートル、延床面積2,069.02平方メートル、木造CLTパネル工法・一部鉄筋コンクリート造地上6階建て。22年に着工し、竣工は24年の予定。

 2層分を1枚の壁パネルとするCLT耐力壁の配置計画によりCLTパネル枚数を削減し、建て方を省力化すると共に、上下のCLT壁パネル間に鉄骨梁を組み込むことで、曲げ戻し効果やめり込み解消などを実現する計画。また、木材を石膏ボードで覆った耐火構造に加え、一部に耐火性能基準に適合した難燃処理木質パネルを組み込むことで、2時間耐火の性能を発揮する試みも予定している。

 こうした耐火性能や耐久性の向上など、構造における工夫が評価され国土交通省「令和3年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択された。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。