不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/2/15

不動産取引の完全オンライン化で共同研究

 野村不動産ソリューションズ(株)は15日、(株)エスクロー・エージェント・ジャパン(EAJ)と(株)サイバーリンクスが行なう、マイナンバーカードを活用した不動産取引決済手続きの完全オンライン化に向けた共同研究に参画すると発表した。

 同研究では、サイバーリンクスが保有する公的個人認証基盤を活用した電子証明書の機能を、EAJのトランザクション・システムに組み込むことで、売り主・買い主・不動産事業者・司法書士等が一貫して利用できるサービスの開発を目指している。

 第1フェーズである机上シミュレーションでは、2021年8~12月にかけて、不動産仲介・登記の実務で取り扱う書類の電子化に係る課題を整理し、完全オンライン化された業務フローの仮説モデルを検証。その結果、売買契約書や重要事項説明書以外にも、 ローン契約書や固定資産税評価証明書などの金融・ 行政関係書類の電子化も必要であることが分かった。 これを踏まえ、取引の完全オンライン化に向けたロードマップを6段階に定義した。

 今後行なう第2フェーズでは、ロードマップで示した6段階のうち、第1段階として、公的認証基盤を活用した電子証明書の機能を用いて、不動産売買・重要事項説明・権利移転登記のオンライン取引を実施する予定。4月には、参画企業が買い主となる売買取引や、モニター募集による個人間の売買でのオンライン取引を実施していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。