不動産ニュース / その他

2022/3/8

ウェルビーイングの実現を推進/東京建物

 東京建物(株)は8日、グローバル・オープンイノベーション・プログラム「Well-BeingX」に参加すると発表した。

 同プログラムは、シリコンバレーと日本における幅広いネットワークを生かし新規事業創出を行なっているスクラムスタジオ(株)が主催。一人ひとりのニーズに応じた「多様なウェルビーイングの実現」をテーマに、世界中のスタートアップと連携し、事業共創を行なっている。

 東京建物グループは、2030年を見据えた長期ビジョンに基づき、重要課題の一つとしてウェルビーイングを位置付けている。同プログラムでの活動を通じ、創出したサービスやアプリケーションを、同社が携わる八重洲・日本橋・京橋エリアをはじめとした開発案件等のまちづくりに導入。エリアの付加価値向上を実現するとともに、ウェルビーイングに資する体験価値の提供を積み重ねることで、人々の心豊かな暮らしと社会課題の解決、地球全体の健康に貢献する考え。

 また、関連領域に専門的な知見やネットワークを有する国内外のメンター、地域課題の解決や実証プロジェクト等に協力する自治体など、多様な関係者との連携を図っていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。