不動産ニュース / 政策・制度

2022/4/26

インターネットでの物件情報収集、コロナ禍で増加

 国土交通省は26日、令和3年度の住宅市場動向調査結果を発表した。2020年度中(20年4月~21年3月)に住み替え、建て替え、リフォームを行なった世帯を対象に、注文住宅、分譲住宅、既存住宅、民間賃貸住宅、リフォーム住宅に分けて調査した。

 今回の調査は、新型コロナウイルス感染症拡大後の状況を把握した初めての調査となることから、物件情報収集方法についてスポットを当てた。新築の物件・施工者に関する情報収集方法について聞いたところ、注文住宅は「住宅展示場」が49.0%でトップとなったが、分譲マンション・分譲戸建てはいずれも「インターネット」がトップとなった(マンション58.6%、戸建て53.0%)。インターネットの比率は直近5年間で大きく増加しており、マンションは18.9ポイント、戸建ては18.3ポイントアップ。注文住宅も11.6ポイントアップし、27.5%となっている。

 既存住宅の選択理由では、既存マンション・既存戸建てとも60%を超える「価格」「立地」に続く「デザイン・広さ・設備等」の割合が増加。既存マンションは38.4%(前回調査比8.2ポイントアップ)、既存戸建ては35.9%(同6.7ポイント増)となった。

 また、注文住宅、分譲戸建ての「設備」に関する選択理由では、注文住宅は「高気密・高断熱だから」の回答が5年間で3.4ポイント増加(59.7%→63.1%)し、トップを維持。分譲戸建ては「間取り・部屋数」(73.6%)「広さ」(59.1%)「デザイン」(47.3%)「台所の設備・広さ」(34.5%)に続いて「火災・地震・水害などへの安全性」が27.3%でランクイン。同回答は5年間で7.1ポイント増加した。

 既存マンションの選択理由では「価格が手ごろ」(70.1%)、「新築にこだわらない」(41.2%)に続いて「リフォームで快適に住める」(39.1%)がランクイン。同回答は5年間で6.6ポイントアップ。また、分譲マンション購入世帯の「既存住宅にしなかった理由」では、「隠れた不具合が心配」が5年前の31.4%から23.6%まで減少した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。