不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/26

「新宿歌舞伎町タワー」、23年4月に開業

建設中の「東急歌舞伎町タワー」外観

 東急(株)、(株)東急レクリエーションは26日、「新宿TOKYU MILANO」跡地で開発を進めている「東急歌舞伎町タワー」(東京都新宿区)を2023年4月に開業すると発表。同日、計画概要を報道陣に説明した。

 計画地は、敷地面積約4,603平方メートル。国内最大級のホテル、劇場・映画館をはじめとするエンタメ施設等で構成する、延床面積約8万7,000平方メートル、地上48階地下5階建て、高さ約225mの超高層複合施設を建設する。

 「“好きを極める場”の創出」を開発コンセプトに、来訪者が音楽や映画、舞台などさまざまなコンテンツに出会い、「好き」への情熱が交感するような施設を目指す。地下1階~地下4階には新宿エリア最大級となる約1,500人収容(スタンディング)のライブホール「Zepp Shinjuku(TOKYO)」、6~8階には旧「新宿ミラノ座」を継承する劇場「THEATER MILANO-Za」(総席数約900席)、9~10階には「109シネマズ」の新ブランドとなる「109シネマズプレミアム新宿」(総席数752席)がそれぞれ開業する。

 (株)東急ホテルズが、「HOTEL GROOVE SHINJUKU(ホテル グルーヴ 新宿)」(18~38階、総客室数538室)、「BELLUSTAR TOKYO(ベルスター 東京)」(39~47階、総客室数97室)という、2つの新たなラグジュアリーブランドのホテルを開業。客室単価は、ホテル グルーヴ 東京が2万7,000円、ベルスター東京が7万円を予定している。

 再開発に併せ、シネシティ広場に面した屋外ビジョンやステージ等の整備、西武新宿前通りのリニューアル等も行ない、まちのにぎわい創出および回遊性向上にも寄与していく。

 同施設のエンタメ施設の企画・運営を目的に東急、東急レクリエーション、(株)ソニーエンターテイメント・ミュージックエンタテイメントが設立した合弁会社(株)TSTエンタテイメント代表取締役社長の木村知郎氏(東急 新宿プロジェクト企画開発室室長)は会見で、「ホテルでは、低層部のエンタメ施設と連携した取り組みも推進する。客室のテレビを通じてアーティストがメッセージを発信したり、有名な映画に出てくる料理を提供したりと、多様なコンテンツを準備中だ。来訪者や宿泊者が思う存分自分の“好き”を深められる施設にしたい」等と抱負を語った。

 竣工は23年1月の予定。

「ホテル グルーヴ 新宿」客室イメージ
「109シネマズプレミアム新宿」シアター内イメージ。全席をプレミアムシートとし、ゆったりと映画鑑賞ができるようにする
「THEATER MILANO-Za」内観イメージ。カフェ&バーも併設

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。