不動産ニュース / その他

2022/5/24

不動産証券化商品への投資、高水準をキープ

 (一社)不動産証券化協会は24日、21回目となる「機関投資家の不動産投資に関するアンケート調査」の結果を公表した。年金基金(以下、年金)や生損保、信託銀行、銀行等の機関投資家(以下、一般機関投資家)を対象に、2001年度から毎年実施している。今回は、年金54件・一般機関投資家57件の合計111件の回答を得た。

 実物不動産あるいは不動産証券化商品に投資している投資家の比率は、年金は69%(前年度比3ポイント低下)、一般機関投資家は84%(同5ポイント低下)と共に減少したが、高水準をキープした。

 投資対象別投資状況で「投資済」と回答した割合は、年金は「私募リート」(46%)がトップで、次いで「海外不動産プライベートファンド」(37%)、「国内不動産プライベートファンド」(19%)。一般投資家は「Jリート」(63%)が最も多く、「私募リート」(57%)、「不動産を裏付けとする債券」(47%)と続いた。

 「不動産投資を行なうために必要なこと」は、年金は「ベンチマークとなる不動産投資インデックス」(39.6%)が前年に引き続きトップに。「個別の不動産投資関連情報開示の向上」(前年度3位)、「不動産評価の信頼性の向上」(同4位)が共に28.3%で同率2位となった。一般投資家は、「不動産投資関連情報の標準化」が43.4%で1位(同3位)だった。

 不動産のESG投資の実施の有無は、「実施している」と回答した割合は年金が5.9%、一般投資家が30.0%だった。実施している理由は、年金は「長期的な運用パフォーマンスが向上すると考えたため」「運用パフォーマンスは関係なく、責任投資を行なうのが妥当だと考えるため」が66.7%でトップ。一般投資家も「長期的な運用パフォーマンスが向上すると考えたため」が60.0%で最多だった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。