不動産ニュース / 団体・グループ

2022/5/26

JARES、国交大臣賞は「新宿住友ビル リニューアル」

「新宿住友ビル リニューアル・三角広場」。巨大なガラス屋根に覆われている

 (公社)日本不動産学会は26日、2021年度「業績賞」受賞者を発表した。

 同賞は、1994年に創設。新機軸を打ち出した不動産業やそれに関わる制度の創設等、幅広い取り組みを対象の中から優秀な業績を表彰している。2015年度からは「国土交通大臣賞」も設け、応募があったプロジェクトのうち、特に不動産政策の発展に寄与するものを表彰している。

 国土交通大臣賞は住友不動産(株)の「新宿住友ビル リニューアル・三角広場」に決定。同ビルは、超高層ビルの先駆けともいうべき時期に誕生した。現在、日本では老朽化や災害性能、オフィス環境の向上が課題となっている中、(1)制震柱を入れることでビル自体の対災害性能を向上、(2)階下に大ホールを設けることで、国際会議場機能を持たせビル自体のビジネス環境改善を実現した。
 また、三角広場を屋内空間化することで、地域のにぎわい創出に大きく貢献するだけではなく、災害時の一時滞在施設として大人数の避難者を収容できる機能を追加。さらに、マネジメント組織での協議を重ねることでショップ機能を1階部分に集約させ、段差解消、バリアフリー化と共に地域の回遊性の向上に貢献していることなどが評価された。

 日本不動産学会長賞には、(公財)不動産流通推進センターの「我が国初の不動産流通実務能力の客観的・横断的な検定制度『不動産流通実務検定 スコア』」と、東京建物(株)および(株)サンケイビルの「社会課題解決に繋がるまちづくり」、(独)都市再生機構の「東日本大震災におけるURの震災復興支援事業(災害公営住宅整備、復興市街地整備)について」、(一社)IREM JAPANの「全国賃貸住宅実態(NOI率)調査」の4つを表彰した。

 表彰式は5月30日にZoomによるWeb開催で実施される。

「社会課題解決に繋がるまちづくり」は、豊島区役所について、民間分譲マンションと区庁舎一体型の市街地再開発事業(としまエコミューゼタウン)と旧庁舎跡地活用事業(Hareza池袋)を開発し、機能を更新した

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。