不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/5/27

首都圏既存マンション、平均月額管理費は微減

 (公財)東日本不動産流通機構は26日、2021年度の「首都圏中古マンションの管理費・修繕積立金」に関する調査結果を公表した。

 同年度に東日本レインズを通じて成約した首都圏中古(既存)マンションの月額管理費は、1平方メートル当たり191円(前年度比変動なし)、1戸当たり1万2,321円(同159円減)。月額修繕積立金は1平方メートル当たり173円(同4円増)、1戸当たり1万1,164円(同93円増)。合計で1平方メートル当たり365円(同4円増)、1戸当たり2万3,485円(同66円減)となった。1戸当たりおよび1平方メートル当たりの月額管理費は、経年化するにつれて低下傾向。1平方メートル当たりの修繕積立金は築10年を超えると190円前後に上昇、また規模が大きくなるにつれて低下する傾向にある。

 都県別の管理費は、東京都は1平方メートル当たり223円(同2円増)・1戸当たり1万3,374円(同192円減)、神奈川県は同174円(同1円減)・同1万1,700円(同200円減)、埼玉県は同155円(同1円増)・同1万518円(同1円増)、千葉県は同150円(同2円増)・同1万924円(同22円増)。

 修繕積立金は、東京都が同181円(同5円増)・同1万878円(同62円増)、神奈川県が同175円(同5円増)・同1万1,755円(同169円増)、埼玉県が同159円(同3円増)・同1万792円(同145円増)、千葉県が同159円(同3円増)・同1万1,550円(同27円増)となった。

 1平方メートル当たりの年間管理費は、成約1平方メートル単価の0.37%(同0.04ポイント減)、年間修繕積立金は0.34%(同0.02ポイント減)で、合計は0.71%(同0.06ポイント減)。1970年代と、バブル期の80年代後半から90年代前半に建築された物件は、管理費と修繕積立金(年間)の対成約単価比率が高い傾向となった。

この記事の用語

レインズ

レインズ(REINS)とは、 Real Estate Information Network Systemの頭文字を並べた名称。国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構(「指定流通機構」という)が運営しているコンピュータネットワークシステムの名称である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。