不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/6/17

物流倉庫、さらに拡張姿勢が高まる/CBRE

 シービーアールイー(株)は17日、「物流施設利用に関するテナント調査2022」を発表した。

 自社・賃貸を問わず物流施設を利用する企業に対し、アンケートを実施。調査期間は22年3月2~15日。有効回答数は286社(物流業:193社、荷主企業93社)。

 今後3年間の拡張計画について聞いたところ、「倉庫の総面積は拡大する」と回答したテナント企業が全体の75%を占めた。特に「10%以上の拡大」と答えた企業の割合が全体の41%(21年:31%)と増加。また、「拠点当たりの面積は拡大する」(52%)および「拠点数は拡大する」(63%)との回答中、「10%以上拡大」と回答した企業の割合が昨年比で増加しており、全体としてテナント企業の拡張姿勢が高まっていることが分かった。

 「拡張手段」については、物流企業の59%と、荷主の54%が「募集に出ている既存物件の賃借、今後の開発物件の賃借(マルチテナント型)」を検討すると回答。加えて物流企業の3社に1社が個別ニーズに仕様を合わせた「BTS型の賃借(専用センター)」を検討しており、先進的物流施設を借りるニーズが高いことが窺えた。

 「物流拠点の運用費用」については、主要なコストである「建物(不動産)コスト」、「輸送・配送費」、「人件費」について、多くのテナント企業が今後も上昇を見込んでいることが分かった。「建物(不動産)コスト」については、一昨年および昨年よりもさらに多い68%の企業が「今よりも上がる」と回答した。

 同社は、「最近では世界的に物価が上昇している。日本は消費者物価や賃金は大きく上昇していないものの、円安もあいまって輸入品を中心に原材料価格が高騰し、企業業績圧迫のリスクが高まっている。先行きの不透明感が強いことからもテナント企業にとって効率化によるコストコントロールが一層重要かつ喫緊の課題であることは間違いない」とコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。