不動産ニュース / 開発・分譲

2022/7/8

秋田で再生可能エネルギー導入のまちづくり/東急不

 東急不動産(株)は7日、秋田県能代市と男鹿市で、地域共生プロジェクトに着手すると発表した。

 同社は、「ReENE(リエネ)」ブランドで、再生可能エネルギー事業を展開。これまでに、開発中事業を含め全国82件(太陽光発電事業70件、風力発電事業10件、バイオマス発電事業2件)、定格容量1,325MWの事業に携わっている。

 今回のプロジェクトでは、(株)北都銀行、国立秋田工業高等専門学校 鎌田研究室、工藤浩平建築設計事務所、(株)SeeVisionsと連携。再生エネルギー事業の導入により、既存施設を活用した地域交流スペース等の創出に取り組む。

 「能代プロジェクト」では、旧常磐小・中学校を地域交流ラウンジ、シェアオフィス、コワーキングスペースに再生。産業振興や地域交流の促進を目指す。
 秋田開運運送(株)の船川営業所として使われていた建物を利活用する「男鹿プロジェクト」は、地域交流スペース、シェアオフィスを創出する計画。駅前の立地において、約70年という歴史ある建物の雰囲気を残しつつ、地域に開かれた施設として再生する。

 いずれも秋に一部開業、全体開業は2023年春の予定。

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?