不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/7/14

テレワーク活用も、「オフィスは必要」が8割に

 オフィス移転支援等を手掛ける(株)アーバンプラン(東京都新宿区、代表取締役:佐々木 央氏)は、テレワークと出社を併用している企業の経営者を対象に、「オフィス戦略」に関する調査を実施。14日にその結果を発表した。

 オフィスの在り方について、8割以上が「変えるべき」と回答。オフィスに関して考えていること(複数回答可)については、「デザイン・レイアウト変更を考えている」(29.2%)が最も多く、次いで「縮小を考えている」(28.6%)、「移転を考えている」(22.9%)だった。

 今後のオフィスは、「必要」が約8割に達した一方で、「不要」が2割程度という結果に。必要と回答した人にその理由を聞いたところ、「社員同士のリアルなコミュニケーションの場となるから」(39.6%)が最も多く、「経営の観点から拠点は必ず必要だから」(22.0%)、「会社、組織への帰属意識を持たせる場になるから」(21.0%)が続いた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。