不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/6

「東京ガーデンテラス紀尾井町」を再エネ化/西武RS

「東京ガーデンテラス紀尾井町」外観

 (株)西武リアルティソリューションズは1日、同社が保有・運営する大規模施設での環境対策を加速すると発表した。

 複合ビル「東京ガーデンテラス紀尾井町」(東京都千代田区)では、10月より施設内で使用するすべての電力を実質再生可能エネルギー由来の電力に切り替える。
 今回導入する再エネ電力は、全電源平均電力にFIT非化石証書(トラッキング付き)および再エネ指定の非FIT非化石証書(電源属性情報有り)を組み合わせた電力となる。企業が事業で使用する電気を100%再生可能電力とすることにコミットする協働イニシアチブ「RE100」にも対応可能。これにより、同ビルの入居企業およびテナントも、専有部内で再エネ電力を使用できる。

 また2023年3月には、東京電力ベンチャーズ(株)、シャープエネルギーソリューションズ(株)と連携し、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」でオンサイトPPAモデルの太陽光発電システムを稼働する。
 同施設内の「ツリーモール」「ガーデンモール」「フードコート」の3エリアの屋根上に、約4,000枚の太陽光パネルを設置。発電した電気を買電して、施設の店舗区画や共用部に供給して自家消費する。全体の出力規模は約1,770kW、初年度の年間想定発電電力量は約205万kWhで、施設全体の使用電力量の約20%をカバーすることになる。また同設備の導入・稼働に伴い、約870t-CO2/年相当の温室効果ガスの排出量削減に貢献できる見込み。

 西武グループでは経営理念であるグループビジョンに基づき、持続可能な社会の実現に向けた取り組み「サステナビリティアクション」(4領域・12アジェンダ)を積極的に推進。環境負荷削減目標として、CO2排出量を30年度までに18年比46%削減、50年度までにネットゼロを目指している。

「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」外観

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。