不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/9/8

「住み続けたい街」、トップは神奈川県の葉山町

 大東建託(株)は7日、過去最大級の居住満足度調査による、「いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2022<首都圏版>」、「いい部屋ネット 住み続けたい街ランキング2022<首都圏版>」の結果を公表した。首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)居住の20歳代以上の男女を対象に、19・20・21・22年と4回にわたりアンケート調査を実施。総回答者数は20万7,659人。

 「街の幸福度」は、「非常に幸福だと思う」を10点、「非常に不幸だと思う」を1点とする10段階の回答平均を10倍にして平均値でランキングを作成。「住み続けたい街」は、ずっと住んでいたいかという問いに対して、「そう思う」を100点、「どちらかと言えばそう思う」を75点、「どちらでもない」を50点、「どちらかと言えばそう思わない」を25点、「そう思わない」を0点とした場合の平均値でランキングを作成した。

 街の幸福度(自治体)ランキングのトップは、埼玉県の「比企郡鳩山町」(偏差値85.5、評点73.7)。唯一偏差値が80台となった。次いで、「三浦郡葉山町」(同74.3、同71.1)、「東京都中央区」(同70.6、同70.3)。住み続けたい街(自治体)トップは、神奈川県「三浦郡葉山町」(同82.7、同70.5)。次いで、「鎌倉市」(同74.2、同67.1)、「横浜市西区」(同72.1、同66.3)となり、トップ3は神奈川県南部で海に面して並ぶ3自治体となった。

 街の幸福度(駅)トップは、「みなとみらい(みなとみらい線)」(同93.8、同79.8)。次いで、「代官山(東急東横線)」(同90.9、同78.9)、「有明A(新交通ゆりかもめ)」(同85.4、同77.3)と続いた。住み続けたい街(駅)は、「みなとみらい(みなとみらい線)」(同86.5、同77.6)がトップに。次いで、「湘南深沢(湘南モノレール)」(同80.1、同74.2)、「印西牧の原(北総線)」(同80.0、同74.2)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!