不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/11

不動産サービス事業が好調/サンフロ不23年3月期2Q

 サンフロンティア不動産(株)は10日、2023年3月期第2四半期決算(連結)を発表。11日、同社代表取締役社長の齋藤清一氏が経営成績等を説明した。

 当期(22年4月1日~9月30日)は、売上高353億3,300万円(前年同期比22.0%減)、営業利益80億4,400万円(同14.4%減)、経常利益80億3,500万円(同13.5%減)、当期純利益53億6,800万円(同8.4%減)と減収減益。

 主力の不動産再生事業は、リプランニング事業で米国・ニューヨークの1件を含む14件(前年同期14件)を販売、15件(取得総額約248億円)を仕入れた。前年同期と比較して大型物件の売却が少なかったことから、セグメント売上高は262億5,500万円(前年同期比29.9%減)、セグメント利益91億8,100万円(同17.6%減)と減収減益となるも、セグメント利益率は35.0%(同5.2ポイント増)と高水準で推移した。

 不動産サービス事業は、プロパティマネジメント事業における管理受託棟数(22年9月末時点)が444棟(21年9月末比41棟増)と増加。稼働率も91.9%(同0.3ポイント上昇)と上昇した。売買仲介事業は他部門からの紹介案件を着実に成約につなげ増収増益。貸会議室事業も稼働率向上や案件大型化に伴い増収増益となった。これらの結果、セグメント売上高は43億6,700万円(前年同期比15.6%増)、セグメント利益25億5,100万円(同19.8%増)となった。

 ホテル・観光事業は、ホテル開発事業で分譲型コンドミニアムホテル「HIYORIオーシャンリゾート沖縄」の販売の反動減があり、セグメント売上高45億5,300万円(同37.9%増)、セグメント損失3億3,400万円(前年同期:セグメント損失9億7,000万円)を計上した。

 通期計画に対する売上高の進捗率については、「不動産再生事業は46.1%、不動産サービス事業は59.8%といずれも順調に進捗した。ホテル・観光事業は24.5%と今のところ低調だが、第3四半期にホテル売却を予定するなど下期で十分に取り戻せるだろう」(齋藤氏)。通期業績は、売上高840億円、営業利益133億円、経常利益128億円、当期純利益83億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。