不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/11/15

不動産市況DI、7期連続でプラス

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は、2022年10月時点の「不動産価格と不動産取引に関する調査報告書(第27回不動産市況DI調査)」を発表した。

 3ヵ月前と比較した現状と、3ヵ月後の見通しの不動産価格・取引の動向を調査し、その結果を指数(DI)化したもの。DIは「横ばい」回答をゼロとして、「大きく上昇」「やや上昇」「やや下落」「大きく下落」のそれぞれの回答比率から、四半期ごとに算出している。調査期間は10月5~21日、有効回答数は407。

 土地価格動向DIは、全国で18.6(前回調査比4.6ポイント上昇)となり、7期連続のプラスとなった。地域別では、北海道・東北・甲信越が9.6(同4.2ポイント低下)、関東22.7(同0.4ポイント低下)、中部13.6(同9.1ポイント上昇)、近畿26.2(同24.1ポイント上昇)、中国・四国10.3(同4.7ポイント上昇)、九州・沖縄16.7(同0.8ポイント低下)。

 3ヵ月後のDI値は、全国で6.0と予測。北海道・東北・甲信越はマイナス1.8、関東は4.5、中部1.8、近畿15.9、中国四国3.8、九州・沖縄9.5と、やや慎重な見方をする地域が多かった。

 最近の不動産市場について自由回答してもらったところ、「既存マンションの時価が上がっている」(東京)や、「人気エリアの地価が上がっている」(静岡)、「地価の高騰を懸念」(大阪)といった価格上昇を懸念する声が多い。資材高騰による建築費の高騰を指摘する声は多く、全国的に同様のコメントが上がっている。また、「徐々に景気が悪くなっている気がする」(愛媛)など、先行きに不安をのぞかせるコメントもあった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?