不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/11/29

オフィス価格指数変動率、トップは「大阪」/JREI

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は29日、19回目となる「国際不動産価格賃料指数」(2022年10月現在)の調査結果を発表した。

 調査対象は、東京、大阪、ソウル、北京、上海、香港、台北、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、ジャカルタ、ホーチミン、ニューヨーク、ロンドンの14都市で、1都市当たり6物件(オフィス3物件、マンション3物件)。価格時点(各年4月1日、10月1日)において、対象物件の新築・新規契約を前提とした1平方メートル当たりの価格・賃料を指数化している。

 オフィス価格指数の対前回変動率が最も高かったのは、大阪の3.1%(前回調査(22年4月)比2.0%プラス)。国内外の機関投資家が積極的な投資姿勢を維持する中、利回りの低下が価格の上昇に寄与した。次いでホーチミン1.0%(同1.8%プラス)、東京0.7%(同0.3%プラス)。
 オフィス賃料指数の変動率では、ソウルが1.5%(同0.1%プラス)でトップに。ホーチミン0.9%(同1.2%プラス)、台北0.6%(同変動なし)、同率でバンコク0.6%(同0.6%プラス)と続いた。東京は13位で-1.0%(同0.2%マイナス)と下落が継続。大阪は変動なしだった。

 マンション価格指数の変動率が最も高かったのも、大阪の4.3%(同0.5%プラス)。ニューヨーク3.0%(同2.5%マイナス)、シンガポール2.3%(同1.6%プラス)と続いた。東京は5位で1.3%(同0.1%マイナス)。
 マンション賃料指数の変動率は、シンガポール6.3%(同5.2%プラス)、ニューヨーク2.5%(同0.9%マイナス)、大阪2.3%(同0.2%プラス)の順。東京は0.5%(同0.4%マイナス)で10位となった。

 東京の丸の内・大手町地区に所在する最上位オフィス価格を100とした場合の各都市との比較指数は、香港が191.5でトップに。賃料水準の比較指数も香港が211.8でトップで、ロンドンが130.0と続いた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。