不動産ニュース / 仲介・管理

2022/12/15

社有EV車を入居者にシェア/大東建託

 大東建託パートナーズ(株)は15日、管理する賃貸住宅の入居者を対象に、同社の社有車を活用した「電気自動車カーシェア」事業を展開すると発表した。(株)REXEV、三井住友ファイナンス&リース(株)、住友三井オートサービス(株)と共同で行なう。

 同社の八千代営業所(千葉県八千代市)に導入する業務用電気自動車の未利用時間を活用。居住敷地内にステーションを設置し、同社管理物件の賃貸住宅入居者であればREXEVが提供する電気自動車特化型のカーシェアサービス「eemo(イーモ)」アプリを通して、業務用電気自動車を借りられるようにする。専用の料金割引クーポンを配布し、利用を促進することも計画している。予約情報は電気自動車に搭載する蓄電池の充電情報とともにクラウドで集約・管理し、安定した電気自動車シェアサービス提供につなげていく。

 2023年3月からサービス提供を開始する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
「外国人向け賃貸」はビジネスチャンス
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/6/5

月刊不動産流通2023年7月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年7月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。

特集は、『「賃貸仲介・管理業の未来」Part3 外国人対応が変わる』。
賃貸仲介・管理業の未来について考えるシリーズの第3弾。外国人であることを理由に入居を拒否するオーナーや管理会社が多かったのは、もはや昔の話。今や外国人向け賃貸市場は不動産業界の新たなビジネスチャンスとして、期待感が高まっています。外国人向け賃貸に注力する事業者を取材。円滑に取引を行なうためのポイントや、今後の外国人対応の在り方、社会の変化についてまとめました。

連載『電鉄会社のまちづくり』では、西武鉄道を取材。拠点駅の一つである「所沢」駅で行なう「広域集客型商業施設」の開発や、同グループの観光業におけるシンボル・秩父エリアで注力する官民連携による古民家の再生事業について取材しました。

試し読みはこちらでも