不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/12/16

高性能フィルター搭載の全館空調、睡眠改善に効果

 パナソニックホームズ(株)は15日、住宅用全館空調システムの健康症状、生活品質への影響についての調査結果を発表した。

 慶應義塾大学理工学部の伊香賀 俊治教授との共同研究・調査。同研究では換気・空調設備の違いが居住者に与える影響について着目。ZEH水準以上の断熱性能を備えた住宅を空調方式ごとに「高性能フィルター搭載の全館空調」(553棟)、「床暖房」(274棟)、「個室毎の冷暖房」(581棟)と3つに分類分けし、それぞれの転居者を対象に健康症状項目(花粉症、アレルギー性鼻炎、手足の冷え)、生活項目(風邪、疲れ、活動意欲、寝つき、眠りの質、寝起き)の変化についてアンケート調査を行なった。対象地域は東北~九州(省エネ地域区分の4~7地域)、調査期間は2019年2月~21年12月。

 「高性能フィルター搭載の全館空調」搭載の住宅に転居した人で、健康症状項目が「改善」したと回答した人の割合は、花粉症が38.7%、アレルギー性鼻炎が31.3%、手足の冷えが67.1%となった。「個室毎の冷暖房」を導入した住宅よりも花粉症が1.63倍、手足の冷えが2.93倍改善率が高く、「床暖房」との比較でも花粉症が1.42倍、手足の冷えが2.10倍改善率が高かった。アレルギー性鼻炎については、「個室毎の冷暖房」比で1.36倍、「床暖房」比で1.47倍改善率が高かった。

 生活項目では、「高性能フィルター搭載の全館空調」は「個室毎の冷暖房」比で、風邪が1.31倍、疲れが1.23倍、活動意欲が1.79倍改善率が高く、活動意欲は「床暖房」比でも1.30倍改善率が高かった。睡眠(寝つき・眠りの質・寝起き)に関しては、「個室毎の冷暖房」比で1.54~17.6倍、「床暖房」比で1.20~1.46倍改善率が高かった。

 これらの結果、「高性能フィルター搭載の全館空調」を導入した住宅への転居者は、健康症状項目・生活項目において改善率が有意に高いことを確認。今回の調査研究で得た知見・成果を商品開発に生かしていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。