不動産ニュース / 政策・制度

2023/1/24

販売・賃貸時の省エネ表示ルール、パブコメ開始

 国土交通省は20日、販売・賃貸時の建築物の省エネルギー性能の表示ルールのとりまとめの方向性(案)のパブリックコメントを開始した。

 6月に公布された改正建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度では、すべての建築物(販売・賃貸が行なわれるもの)を対象とした表示事項・表示方法等を、国土交通大臣が告示で定めることとし、告示に従って表示していないと認める場合、販売・賃貸事業者に対して勧告等の措置が可能となる。そこで同省は、2022年11月に「建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度に関する検討会」(座長:中城康彦明海大学不動産学部教授)を発足。同制度に基づく省エネ性能の表示ルール等を検討してきた。

 とりまとめの方向性(案)では、省エネ性能の表示の時期・対象、表示すべき事項、表示の方法等を示した。販売・賃貸を行なおうとする建築物については、その広告を行なうときに表示することを基本とした。住宅は外皮性能(断熱性能)と一次エネルギー消費量を、非住宅では一次エネルギー消費量を、多段階に評価した結果を表示する。表示は、国が様式を定めるラベルにより行なうことを原則とした。

 また、購入・賃借を行なう者が建築物の省エネ性能をより的確に把握するための情報提供の方法等について、ガイドラインにおいて示すことを示した。既存建築物についての表示内容については、既存建築物の特性を踏まえ、断熱や設備の部分的な仕様等に基づく表示等について、追加的検討・整理を行ない、代替表示の方法をガイドラインに反映する。

 受け付けの締め切りは2月6日。

 なお、今後、同パブリックコメントの結果も踏まえ、建築物省エネ法に基づく表示ルールを定める告示(案)および制度の運用上の推奨事項や留意点をとりまとめたガイドライン(案)を作成し、改めてパブコメを行なう予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

建築物省エネ法

建築物の省エネルギー性能を向上するための措置を定めた法律。正式名は「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」で、2015年7月8日に公布され、施行日は2017年4月1日である(一部は2016年4月1日施行)。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!