不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/3/28

売却や移転理由で「コスト削減」傾向強まる

 三菱地所リアルエステートサービス(株)は28日、不動産売買・有効活用・オフィス移転等の企業不動産ニーズに関するアンケート調査結果を発表した。2022年12月に同社が顧客とする企業へインターネットで調査し、前回調査(22年6月)と比較した。有効回答数は279件。

 不動産売却の検討・実施の理由では、「遊休不動産処分」が25%となり、前回調査(26%)から引き続きトップとなった。2位には、前回4位(10%)だった「維持管理コストの削減」(17%)がランクアップした。前回調査で2位(12%)だった「拠点の統廃合」は4位(9%)と落ち着いた。

 オフィス移転の検討・実施の理由でも「コスト削減」は1位タイ(15%)となり、前回3位(10%)からランクアップした。同率1位は前回調査(20%)同様「業務効率化・生産性向上」。3位は前回2位(13%)の「オフィス環境改善」(13%)で、トップ3の項目は変化がない。

 不動産購入の検討・実施理由では、1位は「本業の収益補完」(29%、前回25%)と変わらず。2位に前回4位(9%)の「新事業への参入」(16%)がランクアップ。3位は前回2位(18%)の「生産能力の拡大・向上」(13%)。新事業への参入は、建設業や卸売業、小売業の回答が多かった。

 また、オフィス移転時の面積動向については20%以上の「大幅な増床」が16%(前回15%)、20%未満の「やや増床」が22%(同30%)と合わせ増床が38%。20%未満の「やや減床」が17%(同15%)、20%以上の「減床」が14%(同12%)とを合わせた減床が31%と増床が上回ったが、減床の動きは増えており、「移転理由では、『改善・強化』と『効率化・削減』が拮抗しており、面積動向は均衡・多様化にある」と分析している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。