不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/5/25

23年賃貸マンション市場、拡大期・ピークの見方多数

 三菱地所リアルエステートサービス(株)はこのほど、賃貸マンション市場に関するアンケート調査(2022年第4四半期)の結果を発表した。23年3月6~17日に東京23区または大阪市所在の賃貸マンション関連事業従事者を対象にアンケートを実施。回答者数は208人。

 23年の賃貸マンションマーケットの見通しは、現在は「ピークである」が28.4%、「拡大が続きピークに近付いている」が30.8%と合計約6割が拡大期からピークにあるという見方をした。半年後も「ピークである」(23.1%)、「拡大が続きピークに近付いている」(24.5%)と過半が同様の見通し。もっとも一方で縮小に向かうという見方も拡大している。

 賃貸マンション市場において良い影響を与えると見込まれる要因(複数回答)は、「都心部への人口回帰(人口/世帯数の増加)が118でトップ。次いで「分譲マンション価格の高騰」(93)、「雇用拡大・賃金の上昇」(91)、企業の働き方・リモートワーク動向(83)となった。一方で、悪い影響を与える要因(複数回答)については、「賃貸マンションの供給過剰」(110)が最多で、「物価・資源価格・人件費の高騰」(101)、「日銀の金融政策(金融引き締め)」(85)、「高齢化進行・世帯数減少」(71)の順に。

 賃貸マンション事業において注力して取り組んでいる施策・トレンド(複数回答)は、「専有部の仕様・設備・機能の更新・見直し」(72)がトップで、次いで「SDGs対応」(71)、「共用部の仕様・設備・機能の更新・見直し」(63)、「リノベーション・コンバージョン」(56)となった。一方、対応に課題を感じている施策・トレンド(複数回答)については、「SDGs対応」(61)が最多で、「管理・運営コストの削減」(59)、「ESG投資対応」(51)、「付加価値サービスの提供」(48)が続いた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。