不動産ニュース / その他

2023/9/14

大京、住宅設備機器の10年間保証サービス

 (株)大京は14日、販売する新築分譲マンションの住宅設備機器について、保証期間が10年間のサービス「DAIKYO Quality Support 10(大京クオリティサポート 10)」の提供を開始すると発表した。今後販売を開始する物件において、順次提供していく。

 同サービスは、新築分譲マンションの専有部設備機器の保証期間を、現行の「引き渡し後2年間」から「10年間」に有償で延長できるもの。
 専有部内の住宅設備機器に故障や不具合が生じた際、専門のスタッフが利用回数の制限なく、出張修理・部品交換に無料で対応。トイレの詰まりや鍵の紛失など、緊急性の高い案件についても、専門のスタッフが一次対応に駆け付ける。一次対応で完了しない場合、二次対応として修理費用のうち上限金額5万円(税別)までは同社が負担する。

 また、フローリングの傷や壁紙のはがれなど、住まいをより美しく保つための小修繕の費用を年間で最大3万円(税別)まで同社が保証する「美的修繕サービス」も提供。定期アフターサービスによる点検(竣工から3ヵ月目、1年目、2年目)に加え、5年目・9年目に専門スタッフが訪問し、マンションごとの一斉点検を行なう。不具合が見つかった場合には、対象機器、部位により「住宅設備機器延長保証サービス」「緊急リペアサービス」で応じる。

 このほか、(株)大京穴吹不動産との専属専任媒介契約、または専任媒介契約により住まいを売却した場合、新たなオーナーに同サービスと「定期アフターサービス」の保証を継承することができる「認定保証中古制度」も用意する。

 販売価格は25万円(税込み)。

「DAIKYO Quality Support 10」利用期間イメージ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。