不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/11/30

部屋探しで重視したこと、「間取り・広さ」がトップ

 アットホーム(株)は30日、「ユーザー動向調査 UNDER30 2023 賃貸編」の結果を公表した。過去2年以内に賃貸契約をして一人暮らしをしている全国の18~29歳の学生・社会人の男女2,013人が調査対象。調査期間は6月27日から7月3日。

 現在住んでいる部屋を探した際に最後まで重視したことは何か(家賃を除く)について聞いたところ、学生・社会人とも「間取り・広さ」がトップとなった。2位は学生が「通勤・通学に便利」、社会人は「築年数」、3位は学生が「セキュリティ」、社会人が「通勤・通学に便利」。「セキュリティ」については、学生女性、社会人女性で約40%が「重視している」と回答したが、学生男性・社会人男性はそれぞれ17.4%・18.0%にとどまり、差が開く結果となった。

 最後まで重視した設備については、学生・社会人のどちらも「バス・トイレ別」が突出してトップで、学生女性・社会人女性では65%を超えている。2位は、学生が「エアコン」、社会人が「洗面所独立」、3位は、学生が「収納スペースの広さ」、社会人が「エアコン」。

 住まいの周辺にあると便利だと思う施設・場所についても質問。トップ3は「スーパーマーケット」「コンビニ」「ドラッグストア」の順だった。住まいの周辺にあると楽しくなると思う施設・場所では、「カフェ・喫茶店」「映画館」「カラオケ店」の順。

 また同社では、今回の結果と2013年実施の同調査結果とを比較。10年間のトレンドの変化を分析した。その結果(1)現在の部屋の間取りでは、ワンルーム・1Kの割合が減り、1LDKが大幅に増加した、(2)最寄り駅までの徒歩の所要時間では、「3分以内」「5分以内」が減り「20分超」が増加、(3)設備では「インターネット・Wi-Fi」「温水洗浄便座」「浴室乾燥機」の重視度が高くなる、といった傾向が見られた。コロナ禍によるおうち時間の増加や、テレワークの普及といった働き方の変化などが背景にあるとしている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。