不動産ニュース / 開発・分譲

2024/3/21

草加で築51年の従業員住宅をリノベした複合施設

 東武鉄道(株)は21日、築51年の従業員住宅をリノベーションした複合施設「ミノリテラス草加」(埼玉県草加市)をオープンすると発表した。

 東武スカイツリーライン「草加」駅徒歩9分に位置。賃貸住宅44戸(A~C棟)、店舗4区画、広場および農園で構成される。敷地面積4,104.96平方メートル、延床面積3,183.84平方メートル。

 賃貸住宅「ソライエアイル草加氷川町」は、A棟12戸、B棟16戸、C棟16戸のファミリー向け。間取りは、従前の3DKから1LDK・2LDKに変更し、1階住戸には専用庭を設ける。居室面積は54.53平方メートル。賃料は11万3,000円(A棟4階の住戸)。

 4区画の店舗は、飲食店、シェアスペース、子供のアトリエ、シェア工房として整備する予定。コミュニティマネージャーが常駐し、安心して子育てができる環境を設けるとともに、地域交流拠点としてにぎわいを創出する。ワークショップやイベントを定期的に開催するほか、草加市による「リノベーションスクール」も実施。さまざまな地域資源を活用しながら、地域経営課題を解決する事業計画を作成するワークショップを行ない、雇用創出とコミュニティの活性化につなげる。

 築山や芝生のある広場「ミノリパーク」も設置。既存樹を生かしたシンボルツリーや、鉄道施設として使用されていた枕木の再利用など、環境にやさしく暮らしを楽しめる空間を創出する。小規模の畑を点在させた「コミュニティファーム」では、草加市内の近隣農園と連携し、日々の野菜作りや収穫祭などを行ない、入居者間や地域の交流を図っていく。

 A棟(1階店舗、賃貸住宅2~4階)の竣工は3月末、B・C棟(賃貸住宅)の竣工は6月末の予定。4月上旬より賃貸住宅への入居を開始し、店舗は順次開業していく予定。

「ミノリテラス草加」イメージ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。