不動産ニュース / IT・情報サービス

2024/5/8

間取図からAIが特徴抽出。アットホームラボが特許

「間取図特徴抽出AIモデル」によって特徴を抽出した場合の例

 不動産情報サービスのアットホーム(株)のグループ会社でデータ解析を手掛けるアットホームラボ(株)は8日、間取り図から部屋の特徴を抽出する「間取図特徴抽出AIモデル」に関する特許を取得したと発表した。

 不動産会社が物件情報を公開するために、不動産ポータルサイト等のシステムに登録する際、多数の登録項目に人力で入力しなければならないため、入力する個人の知識・スキルによって情報の登録漏れが生じている実態があったという。そうした事案の解消を目的に同モデルを開発した。

 間取り図の画像を読み込むと間取りの構成やリビング・各居室・キッチン・水回り・収納といった各領域の配置関係等をAIで解析し、その特徴をタグとして出力する。例えば「お風呂に窓がある」「リビングと部屋が隣接」「振り分けタイプ」などといった特徴を抽出できる。タグは50種類以上用意しており、同モデルを活用することで、物件情報の登録漏れを防ぐほか、特徴を可視化・言語化することで物件のアピールポイントの幅を広げることにもつながるという。

 現在、同社では同モデルを利用できるAPIを提供しており、活用の幅も広げている。アットホームラボ代表取締役社長の大武義隆氏は、「間取りの特徴を可視化することで、新居での生活動線をイメージできるようになる。住まい探しのプラットフォームを提供する立場として、消費者と物件のマッチングだけではなく、入居後も満足できる部屋の情報を提供していきたい」などとコメントした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産テック

情報通信技術を大幅に活用した不動産サービスをいう。「不動産」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、英語のReal Estateと組み合わせて「ReTech」とも言われる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。