不動産ニュース / その他

2024/6/13

自社排出量のカーボンニュートラルを達成/ナイス

 ナイス(株)は12日、自社排出量のカーボンニュートラルを、目標より前倒しで達成したと発表した。

 同社グループは、2023年5月に「ナイスグループ環境目標」を策定。バリューチェーン全体での温室効果ガスの排出量について、50年までに実質ゼロにすることを掲げた。その足掛かりとして、自社の温室効果ガス排出量の22年3月期比36%削減と社有林「ナイスの森」(総面積2,032ha)の吸収量増加により、26年にカーボンニュートラルを達成することを目標とし、取り組みを進めてきた。

 24年3月期の自社排出量は、拠点で使用する電力について実質再生可能エネルギーへの切り替えを進めたことなどにより、7,800t-CO2(22年3月期比32%削減)となった。さらに、社有林の二酸化炭素吸収量が10,071t-CO2となったことで吸収量が排出量を上回り、目標を2年前倒ししてカーボンニュートラルを達成した。

この記事の用語

カーボンニュートラル

人間活動において、二酸化炭素の排出と吸収が相殺されてゼロであることをいう。例えば、植物のからだは空気中の二酸化炭素が固定化されたものだから、その燃焼(バイオマス燃料の利用)によって二酸化炭素が排出されてもカーボンニュートラルである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。