不動産ニュース / 調査・統計データ

2024/6/19

積水ハ、サ高住居住者と一般高齢者のウェルビーイング比較

 積水ハウス(株)は19日、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居者と、地域に住む一般の高齢者(地域高齢者)のウェルビーイングに関する調査の結果を発表した。千葉大学予防医学センター社会予防医学部門(近藤克則研究室)との共同調査。サ高住入居者と地域高齢者のデータを比較した日本で初めての調査。

 2023年2~3月に実施した同社グループが手掛けるアクティブシニア向けサ高住「グランドマスト」39施設の入居者への調査データと、22年度の日本老年学的評価研究プロジェクトの地域高齢者に関する調査データを用いた。要支援・要介護ではない65歳以上の回答者を分析対象として、ウェルビーイングの指標として「幸福感・生活満足感」「身体的・精神的健康」「人生の価値・目的」「経済・物的な安定性」「密接な社会関係」を比較した。

 その結果、グランドマストの入居者は、「幸福感・生活満足感」「経済・物的な安定性」の分野で地域高齢者を上回った。中でも、「幸福感」や「生活満足度」「毎月の生活費の心配」といった小項目で差異が大きかった。一方、生きがいの有無等が関連する「人生の価値・目的」の分野では地域高齢者の方がグランドマスト入居者を上回った。

 またグランドマストの入居者は、「幸福感・生活満足感」の関連指標である「笑う頻度」が高いほか、週に5回以上外出する、友人と会う頻度が多いなどの特徴が確認された。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。