不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/20

タイでのホテル事業に参画/大和ハウス工業

 大和ハウス工業(株)は20日、タイ王国におけるホテル開発事業「KROMO,Curio Collection by Hilton(クロモ・キュリオ・コレクション・バイ・ヒルトン)」(タイ・バンコク都、総客室数306室)に参画すると発表した。

 現地大手企業のSC Asset Corporation PLC.(SCアセット社)とパートナー契約を締結して参画する。同社がタイにおいて初めて参画するホテル事業。

 「KROMO,Curio Collect by Hilton」は、バンコク中心部に立地。周辺には外資系ホテルや高層オフィスビル、大型商業施設等が立ち並ぶ「スクンビット通り」沿いに位置する。また、高架鉄道BTSや地下鉄MRTの最寄り駅も徒歩圏内にあるため、ビジネスから観光まで幅広い利用が見込まれている。

 敷地面積2,956平方メートル。鉄筋コンクリート造地上28階建て。敷地面積は約2,956平方メートル。総事業費は約104億1,800万円(1タイバーツ=3.8円で換算)。

 竣工は2024年12月、開業は25年3月の予定。

 同社は第7次中期経営計画の最終年度となる2026年度に、海外事業の売上高1兆円、営業利益1,000億円を目指している。今回のパートナシップ契約により、SCアセット社の100%子会社SC Expedition Co.,Ltd.が保有するホテル事業会社の発行済み株式の49%を取得。日本国内で培ったホテル開発・運営事業のノウハウを生かしていくとしている。 

「KROMO,Curio Collect by Hilton」完成イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。