不動産ニュース / 団体・グループ

2017/1/19

都宅協大田区支部が賀詞交歓会

宅建業法改正への対応を訴える菅野支部長
宅建業法改正への対応を訴える菅野支部長

 (公社)東京都宅地建物取引業協会大田区支部は17日、大森東急REIホテル(東京都大田区)で賀詞交歓会を開催した。

 同会には、同協会常務理事の野島昭昌氏、大田区長の松原忠義氏ほか国会議員、都議会議員、大田区議会議員など100名余が参加した。

 冒頭、挨拶した菅野俊彦支部長は「昨年、都宅協は50周年の一つの節目を迎え、宅建業法の改正も行なわれた。インスペクションに係る説明の義務化は2年後に施行される。各会員の皆さまにはわかりやすい小冊子を用意したので、インスペクションへの準備・対応をお願いしたい」などと語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。