不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2017/3/22

NMFと7物件を入れ替え/野村不動産

Landport柏沼南I
「Landport柏沼南I」外観

 野村不動産ホールディングス(株)は21日、野村不動産(株)と野村不動産マスターファンド投資法人(NMF)との間で7物件の資産入れ替えを決めた。2015年5月に両者間で締結した「賃貸バリューチェーンに関する基本合意書」に基づく取引。

 NMFが保有する3物件を野村不動産が取得。取得するのはオフィスビル「NOF日本橋本町ビル(準共有持分51%)」(東京都中央区、取得価格117億3,000万円)、商業施設「三菱自動車渋谷店(底地)」(東京都渋谷区、同17億2,000万円)、同「三菱自動車杉並店(底地)」(東京都杉並区、同8億9,600万円)。取得価格合計は143億4,600万円となる。

 取得予定日は「日本橋本町」が3月31日、「三菱自動車」2物件が6月1日。なお、野村不動産が各物件を再開発して売却する際には、NMFに優先交渉権を付与する。

 一方、野村不動産が保有する4物件をNMFに譲渡。譲渡するのは商業施設「野村不動産吉祥寺ビル(準共有持分49%)」(東京都武蔵野市、譲渡価格51億円)、物流施設「Landport柏沼南I」(千葉県柏市、同99億円)、共同住宅「プラウドフラット大森III」(東京都品川区、賃貸可能戸数49戸、同11億1,000万円)、同「プラウドフラット錦糸町」(東京都墨田区、賃貸可能戸数36戸、同7億8,500万円)。譲渡価格合計は168億9,500万円。引き渡し予定日は4物件とも3月31日。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産の証券化

不動産を流動化するための典型的な手法であり、不動産から価値を切り離したうえで、その価値を細分化し、証券の形で流通させることをいう。その仕組みは、大まかには3つの段階によって構成される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。