不動産ニュース / ハウジング

2017/4/19

木造大規模倉庫を上棟/三井ホーム

「(仮称)tvk ecom park 倉庫」

 三井ホーム(株)は19日「(仮称)tvk ecom park 倉庫」(横浜市西区、tvk ecom park 内)を上棟したと発表した。

 同事業は(株)tvkコミュニケーションズ(横浜市西区)が事業主となり、三井ホームのグループ会社である三井ホームコンポーネント(株)が部材供給および建て方施工に協力したもの。

 建築面積は528.6平方メートル、延床面積は713.94平方メートル、木造2階建ての大規模倉庫(一部事務所)。木造枠組壁工法で準耐火建築物となる。

 周辺環境への配慮および太陽光発電設備の搭載も視野に、緩やかな片流れ屋根を採用。強固に屋根を支え大空間を実現するため、屋根構造材には同社独自のコネックで緊結されたトラスを使用した。コネックトラスの内部に設備配線などを組み込むことで、天井高を確保。吹き抜け部分は最大天井高5.8m、スパン16.2m、長さ18.9mの大空間を実現した。

 竣工は6月末の予定。総工費は鉄骨造の同規模の建物を比較すると、1平方メートル当たり2万円ほど安価となる。

 三井ホームコンポーネント開発営業本部施設開発部技術部長の松尾和午氏は、「テレビ局の倉庫ということで、大道具などを置くため、多目的・多角的に利用できるような仕様とした。また、“木”は建築時のエネルギー消費量が少なく、地球環境にやさしい。そうした面も当社に声がかかった理由だと思う」などと話した。

 三井ホームは木造施設系建築事業を「with wood」という名称で展開しているが、今後、医療・福祉施設や文教施設、商業施設などの大規模施設系建築事業として拡大させていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。