不動産ニュース / リフォーム

2017/4/21

渋谷でリファイング建築の初弾/ミサワH

リファイニング後のイメージ

 ミサワホーム(株)は19日、既存の職員住宅を賃貸住宅に再生し、同社の保有物件として活用するプロジェクトの着工を発表した。

 北海道が保有する築50年超の職員住宅「旧初台公宅用地」の有効活用プロジェクト。北海道の公募にミサワホームが応募。既存建物を再利用して超寿命化が図れるリファイニング建築で再生・活用する提案をして、選定された。

 リファイニング建築は、内外装や設備類、間取りなどの変更と同時に建物自体の耐震性の確保や耐用年数を向上し、第三者機関より評価を取得する建築再生手法。

 同物件は新耐震基準に合致していなかったことから、現行の基準にあわせた補強を施し、耐震性を確保した。

 物件の敷地面積は535.47平方メートル、延床面積は1,017.20平方メートル。鉄筋コンクリート造地上4階建て。3ヵ所あった屋外階段をすべて撤去し、3DK・18戸の間取りを1LDK・17戸1DK・4戸に変更した。

 また、従来、車庫・室内であった場所にエレベータおよび屋内階段、廊下を設置したほか、新たにエントランスを設けた。

 2017年11月完成を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。