不動産ニュース / 開発・分譲

2017/4/28

神田の大学・警察署跡地にオフィスビル

「(仮称)神田錦町二丁目計画」完成イメージ

 住友商事(株)は27日、「(仮称)神田錦町二丁目計画」(東京都千代田区)の工事に着手したと発表した。

 東京電機大学神田キャンパスおよび神田警察署跡地に複合ビルを開発するもの。敷地面積9,761.29平方メートル。延床面積8万5,351.58平方メートル。建物は鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、地上21階地下1階建て。1階に飲食・物販店舗、2~3階には多目的ホールなどの集会場、5~21階にオフィスが入居する。野外には、イベントなどに利用できる合計3,600平方メートルを超えるオープンスペースを設け、地域のお祭りなどにも場所を提供し、地域の賑わいの創出を図る。

 同社と東京電力グループが共同で検討した非常時に系統ネットワークを利用するプレミアムグリッドサービスを導入。災害停電時には同計画の非常用発電機から住友商事が運営する複数の周辺ビルへ電力を供給・融通する。また、大規模災害時には建物の一部を地域に開放し、周辺の帰宅困難者最大850人を受け入れるなど、周辺地域の防災機能にも貢献する。

  竣工は2020年3月末の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一時滞在施設(帰宅困難者の~)

地震が発生したときの帰宅困難者を一時的に受け入れ、滞在できるようにする施設をいう。 大都市が大地震で被災したときには、屋外で被災して待機する場所がなく、帰宅が難しい被災者(帰宅困難者)が多数発生する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。